社会福祉法人 牧ノ原やまばと学園

メニュー
ホーム事業所紹介 > デイサービス デイサービスセンター真菜

デイサービス デイサービスセンター真菜

デイサービス デイサービスセンター真菜
デイサービス
デイサービスセンター真菜
〒421 - 0404 静岡県牧之原市静谷 2267 - 1
聖ルカホーム敷地内
TEL : 0548 - 28 - 0054
FAX : 0548 - 28 - 0059
E-mail : mana@yamabatogakuen.jp
定休日 : 日曜日・12月29日~1月3日
利用時間 : 9:25~16:30
要支援・要介護と認められた高齢者、そして、行政が特に認めた方が利用できます。

毎日、送迎し、健康管理、運動機能向上、認知症予防に努めるとともに、楽しい交流を通して孤立感を解消し、喜び多い日々となるよう支援します。介護者の心身の負担軽減を図ります。

沿革

沿革

1999(平成11)年3月24日
竣工。4月1日老人デイサービス(B型)として営業開始。
聖ルカ高木直雄施設長のもと、在宅で介護に困難を抱える利用者・家族の支援のため、いまだ介護保険制度が始まる前でしたが、日中介護サービスを提供する通所施設を聖ルカ敷地内にオープン。初代所長は、高木施設長兼務。当時の榛原町より送迎車輛を順次3台の貸与を受けました。それまで同町にはデイサービスは社会福祉協議会の運営する一箇所しかなく、計画当初既に榛原町での利用待機者は30名を越えていたそうです。

2000(平成12)年
介護保険法施行。県より同法に基づく介護保険事業として、指定を受けました。

2006(平成18)年
介護保険法改正。介護予防事業がより重点化され、要支援1と2は月額へと報酬が変更になり、経過的要介護の区分がなくなりました。制度に翻弄され、提供業者も増え、一時的に利用者が減少。定員も30人に減らしましたが、その後利用者数・定員とも復活し、現在に至っています。

☆こんなことがありました!
  • 開所当時は、措置制度の時代。地域ケア会議に出席し、ここで決定された処遇に基づいて利用が決まります。何しろ初めての在宅サービス、初めての送迎に四苦八苦でした。翌年の介護保険制度発足でまたまた四苦八苦。「名前の書いてある車で家に入って来ないで」と言われたこともありました。まだまだ、デイサービスが浸透していない時代でした。
  • 2006年の介護保険法の改正で、真菜大慌て。介護予防的サービスの強化で大きな変化のあったこの年度、真菜でも運動器機能向上のサービスを始めたり、地域包括支援センターとのやり取りが最初何だか分からなくて、「ああ、法律って難しい」と毎日帰りが遅くなりました。
  • 真菜から2010年8月新しい認知症対応のデイサービスが枝分かれ。 地域密着型サービスの一つとして恵(めぐみ)の丘の入所施設グレイスに併設されました。認知症発症者にとって牧之原市の新しい「恵み」となることを信じています。
  • 2012年4月からの法改正により、サービス提供時間の変更により、職員の勤務時間の変更など、変化の多いスタートになりました。
状況

状況

  1. 現利用者数
    :男性31名 / 女性46名
  2. 利用者
    :最高齢97歳 / 最少齢51歳 / 平均85.9歳
  3. 職員数
    :正職数(兼務含む)3名:男女比 2:3 / パート数(準職含む)22名:男女比 2:11
  4. 9:25~16:30の間を通常の提供時間と設定しています。大まかに言うと午前中は迎えの送迎の後、入浴・認知症対応メニュー或いは個別レクを提供し、その後昼食を摂って頂きます。午後はしばらくの休息の後に、認知症対応メニューあるいは個別レクを提供し、14時からラジオ体操、14時30分から個別または集団レク、15時30分からのおやつの後、帰宅の準備に入り、16時30分に帰りの送迎に出ます。

    季節の行事の他毎月クラブ活動を用意し、個人個人の輝ける時間を探していきたいと願っています。

利用料金

利用料金

デイサービスセンター真菜(通所介護) 利用料金 (2015年8月1日現在)
サービス内容介護度単位(円)
予防通所介護1要支援11,6471月あたり
予防通所介護2要支援23,377
通所介護Ⅱ31要介護16561日あたり
通所介護Ⅱ32要介護2775
通所介護Ⅱ33要介護3898
通所介護Ⅱ34要介護41,021
通所介護Ⅱ35要介護51,144
入浴介助加算50
  • 表は1割負担の計算となります。所得により2割となることがあります。
  • 介護保険法の改正、及び施設の体制によって、料金が変更になる事があります。
  • ご不明な点は担当のケアマネジャー様、又は施設に直接お問い合わせ下さい。
今後に向けて

今後に向けて

  1. 認知症対応メニューの充実・深化を図りたい。
  2. 「生きたい」を触発するデイでの日常・レクの模索をしたい。
  3. 在宅の他の部署との連携をもっと緊密に行いたい。
地図

地図

TOPに戻る
事業所一覧


施設支援サービス
障がい者支援施設
養護老人ホーム
特別養護老人ホーム
医療サービス
医療保険診療機関