社会福祉法人 牧ノ原やまばと学園

メニュー
ホーム最近のできごと > 最近のできごと

最近のできごと

最近のできごと
2017年
  • 2017年 6月 17日
    午前中は、初めての定時評議員会、午後は、第2回理事会

    社会福祉法改正に伴う初の定時評議員会(9名)で、新しい役員(理事7名、監事2名)が選任されました。又、事業報告や決算も承認されました。午後、新役員による理事会が開かれ、理事長に長澤道子が選ばれました。(新役員等の名簿は、ホームページ・役員の欄をご覧下さい。)

  • 2017年 5月 27日
    2017年度第1回理事会

    2016年度の事業報告(案)並びに、決算(案)等を審議。社会福祉法の改正に伴い、今回から、定時評議員会の議案も決議しました。6月の定時評議員会をもってこれまでの役員の任期は満了となります。長年、ご協力して下さった理事の皆様には、感謝のほかありません。

  • 2017年 5月 23日
    浜松市浜北区赤佐地区民生委員児童委員協議会の皆様の訪問

    当初、障害者支援施設「やまばと希望寮」見学の予定でしたが、ご利用者の発熱のため、急遽、吉田町にある「あつまリーナ」諸施設の見学となりました。レタスクラブの皆さんとの交流が、特に印象に残ったそうです。

  • 2017年 5月 8日~16日
    二人の監事による監事監査

    2016年度の決算状況、及び、業務執行状況について、それぞれ5日間の監査を受け、適切な運営のために指導もいただきました。

  • 2017年 4月 27日
    ワークセンターなのはな献堂式

    建設工事が完了し、献堂式が行われました。礼拝司式は、榛原教会の山田静夫牧師。染谷島田市長様をはじめ、多くの御来賓が参加。なのはなご利用者による感謝の合唱に、出席者一同、感動しました。

  • 2017年 4月 8日
    新年度職員研修

    午前中は北九州でホームレス支援活動をしておられる牧師、奥田知志先生による講演「私が出会ったホームレスの人々」。午後は、職員たちはワールドカフェ方式による話合い、管理者たちは今後の課題について勉強。奥田先生のお話は深い内容でしたが、誰もが、「不思議にも一度も眠気を感じなかった!」そうです。

  • 2017年 4月 1日
    新人職員オリエンテーション(1回目)

    主として4月に就職した方たちが、法人の沿革や理念、規程、また、職員としての心構え等について学びました。

  • 2017年 3月 18日
    第7回理事会・第6回評議員会

    主な議案は、2017年度事業計画(案)と予算(案)等。法令により、評議員の任期が3月31日で終了になるので、幾人かの評議員の方にとっては、これが最後の評議員会になりました。長年のご協力に感謝です。

  • 2017年 3月 9日
    吉田町障害児放課後児童クラブ「まつぼっくり」の活動終結

    吉田町の委託を受け、8年10ヶ月、支援学校終了後のお子さんたちをお預かりして楽しく有意義なときをもってきましたが、周囲にたくさんの学童保育事業所が登場したので、当法人としては活動を終結させることにしました。保護者の方々から、終了を惜しむ言葉を頂けたのは、感謝です。

  • 2017年 3月 9日
    小規模特養ホーム「グレイス」に、介護ロボットを導入

    2016年度補助金を受けて、介護ロボット「SASUKE」を導入しました。ご利用者を安全に移乗できるだけでなく、介護職員の腰等への負担軽減を図ることもできます。

  • 2017年 3月 5日
    フェスタしまだで、ワークセンターやまばとの製品販売

    島田市の生涯学習発表会(名称「フェスタしまだ」)がプラザおおるりで行われ、ワークセンターやまばとで作ったパンを販売。初めての参加でしたが、あっという間に売れ、お昼前には完売でした。

  • 2017年 2月 24日
    県からの改善勧告に対し、回答書を提出

  • 2017年 2月 16日
    臨時理事会

    県からの改善勧告に対する回答書を審議。

  • 2017年 1月 23日~24日
    顧問弁護士 外岡潤先生による法律セミナー とアトラクション

    23日は、「どうしたら施設内虐待を治せるか?」
    グレイソーンについて職員間で十分話し合う必要や、シロと判断する場合の基準等が示されました。

    翌日は、グレイスで、日本舞踊と手品を披露、元踊りの先生だったというご利用者から、「男性でこのくらい踊れるとは大したもの」との、絶賛の言葉がありました。

  • 2017年 1月 19日
    第6回理事会・第5回評議員会

    法人指導監査に対する回答や、県からの勧告書回答についても審議。

TOPに戻る