社会福祉法人 牧ノ原やまばと学園

メニュー
ホーム事業所紹介 > 就労継続支援 ワークセンターふれあい

就労継続支援 ワークセンターふれあい

就労継続支援 ワークセンターふれあい
就労継続支援
ワークセンターふれあい
〒428 - 0104 静岡県島田市川根町家山 1323 - 5
TEL : 0547 - 53 - 4077
FAX : 0547 - 53 - 2911
E-mail : fureai@yamabatogakuen.jp
定休日 : 土、日、祝祭日・年末年始ほか
利用時間 : 9:00~15:30
結婚した主婦など、普通の社会生活を送っている人が多いことが特色です。仲間とともに働き、賃金を受けとり、四季折々の行事等も楽しんでいます。
作業内容としては、炭焼きとその製品販売や、銅線の皮むき、下請け作業(箱折り)があります。
沿革

沿革

1994(平成6)年4月8日
旧川根町「手をつなぐ親の会」の運営により川根町の街中にある、旧母子センターを町よりお借りして「川根ふれあい作業所」として開所。

2001(平成13)年4月
建物が老朽のために旧川根町役場のご尽力により、川根町抜里地区鵜山森林公園内に新築移転となり活動。

2009(平成21)年4月
川根ふれあい作業所保護者会の意向により(福)牧ノ原やまばと学園の傘下に入り、地域活動支援センター「やまばと学園ワークセンターふれあい」となる。

2011(平成23)年4月
旧住所から川根町家山へ移転し、ワークセンター希望の家(就労継続支援B型)従たる事業所「ワークセンターふれあい(定員15名)」となる。

状況

状況

  1. 現利用者数
    :男性11名 / 女性3名
  2. 利用者
    :最高齢68歳 / 最少齢19歳 / 平均43.5歳
  3. 職員数
    :施設長支援員兼務1名(正職) パート職員3名
  4. 炭窯が作業所横に設置されており、木炭を製造して町内の川根温泉に販売しております。

    町内のお茶問屋さんからの茶カートン折り作業、町内よりアルミ缶を回収し缶つぶし作業と販売、古銅線を仕入れ銅線の皮向き作業と銅線の販売、島田市より鵜山森林公園の除草作業等管理受託などが主な作業活動の内容です。

今後に向けて

今後に向けて

  1. 移転後の新しい場所において、地域のひとつの核として、より一層人々との交流を深め共生しあう環境を作り、次世代に向かい利用者自身の自立につなげていきます。
地図

地図

TOPに戻る
事業所一覧


施設支援サービス
障がい者支援施設
養護老人ホーム
特別養護老人ホーム
医療サービス
医療保険診療機関